北条小夏期研修会

7月25日・26日の2日間、安房教育会館を会場に夏期集中研修会が開かれた。早稲田大学教授2名と早稲田大学附属小学校の先生3名、その他、11名の他校の先生を迎え、北条教育のこれからについて語り合った。
始めに、研究主任の神澤先生より現在の北条小研究の概要について説明があった。
e0069234_6483238.jpg

次に各教科をどのように教えていく必要があるか、各教科主任の提案があった。
e0069234_6523361.jpge0069234_6525153.jpg

また、来年の公開研究会について各年齢層を代表して数人の先生から夢が語られた。
e0069234_6561714.jpge0069234_6563337.jpg

学校長も夢を語った。
e0069234_6573037.jpg

最後に早稲田大学教授からピアジェ理論と北条小の教育環境について講演があった。
e0069234_6584394.jpg

北条教育の神髄について語る早稲田大学 佐古先生
e0069234_6585529.jpg

『北条プランの変遷は、公開研究会を織り交ぜながら、時代の要求に対応し「装い」を変えた「生活教育」の展開であった。いわば「時代の風」を反映させるキ-ワ-ドからテ-マを組み立ててきたと言える。』と講演され、生活教育の理論が北条教育の根底にあることを訴えていた。
※生活教育
 コアカリキュラムの流れをくむ子ども中心主義教育と系統主義教育を調和させた教育理論。
[PR]
by houjyou_syou | 2006-07-28 06:58